Farm

SHO Farmに援農予定の方へ

普段の仕事とは違い、土の上で植物とふれあいたい
どのように野菜を作っているのか、じっくり話したい
美味しいものが食べたい
いろんな想いをもって、畑に援農にくださるかたへ!

○対象
中学生以上の方
※小さなお子さま連れのかたは別途、農業体験をご案内しています。
○衣類、持ち物
長靴(なければ汚れてもいい靴)、長袖長ズボン、作業用手袋、水筒、帽子、日焼け止め、タオル
※着替える場所はトイレくらいしかなく、スペースもあまりありません。
○場所 Google mapでSHO Farmと検索
電車バスでは、YRP野比駅から「野1」「野2」で、バス停「川原田」にて下車後徒歩5分
※タイミングよければ、駅までピックアップ可能
○時間
基本的には、9:00~15:00だとこちらも都合がいいです。
※夏は早朝4:30~11:00の朝食つき作業となる場合もあります
○食
お昼ご飯はこちらで用意します。アレルギーなどあれば事前にご連絡ください。
一品おかずを持ちよりいただけると嬉しいです。
※ベジタリアン(魚 卵 乳製品 は食べます)のため、お肉はでません。
○その他
・小さな畑なので、作業内容もかなり変わります。
・季節と援農の時間により、お土産B級品野菜がつきます。(タイミングによりないときもあります)
・トイレはバイオトイレがあります。事前に済ませておいでください。
http://sho-farm.sunnyday.jp/?p=1042
・当日、買いたい野菜があれば事前にお申し出ください。畑が分散しているため事前にご用意しておきます。
・ボランティア保険に加入しています。

○ご連絡方法
以下ご記入のうえ、1週間以上前にメールをお願いいたします。
お名前
人数
希望時間
交通手段
食べ物のアレルギーなど
当日買いたい野菜と量(あれば)
はじめての方は、ご年齢(30代などで大丈夫です)、動機、有機農業への考え方、食、援農の経験有無と有の場合その内容

2016-03-18 | Posted in About us, Access, FarmNo Comments » 

 

SHO FARMの農法

image

SHO FARM農場長は農法マニア。自然農法、自然栽培、有機農法、炭素循環農法、酵素栽培、永田農法、バイオダイナミック

横須賀のSHO FARMでは、畑にあわせて色んな農法を行っています。化学肥料を使わない、農薬をかけないことは前提として、無肥料の畑もあれば、きのこ菌床を使うところもあれば、鶏糞を少し用いるところもあります。

写真はキャベツ。キャベツには全く害虫がいないのに、まわりの雑草にはびっしりアブラムシがいます。

雑草を抜いたきれいな畑もいいかもしれませんが、雑草をきれいにしたらアブラムシはキャベツしか獲物がなくなってしまうのかもしれません。またそれは、アブラムシの種類にもよりますし、時期にもよります。

複合的な要素で、畑が成り立っていることがわかります。

2015-03-19 | Posted in About us, Access, FarmNo Comments » 

 

SHOFARMのこだわり ①-3自家採種

image

タネ、肥料、水分、害虫、病気、植物生理、鮮度、保存、無農薬、ライフスタイル、無肥料、発酵、千年続く農業とは、、、

自家採種してます。これはいんげん豆

多様性 が、これからの時代のキーワードです。
F1も使いますが、基本的には、「タネが採れるか採れないか」で品種を決定します。

土壌改良のために、一部、鶏糞を入れます。

image

投入量は、普通の農家に比べれば微量なほど。

2014-11-29 | Posted in About us, Access, FarmNo Comments » 

 

目指す農業って?

先日、儲かる農業の話を、聞いてきた。

産業としての農業
農業で地域の雇用を
家族経営でなく、農業も法人化せよ
大規模化を目指せ

それらが、千年続くのなら、いいと思う。
日本の色んな地域 ど田舎、海に囲まれた島、山の麓 そんなところへ、若い人が、持続可能なかたちで、農業を営んでくれるといいな。

儲かってじゃんじゃん中華街で飲みまくれ

ていうのは、身も心も、特に家族が、続かない。

毎日創造性溢れることをして、
美味しいと思えるご飯を家族とゆっくり食べて、
ぐっすり眠る

儲かるというとカネ臭くて好かない。身の丈にあった、(自分をよく把握した)収入が必要なのです。
さて、我が農園、よくよく、試算してみなくては。

2014-11-14 | Posted in About us, Access, FarmNo Comments » 

 

SHO FARMのこだわり①-2

タネ、肥料、水分、害虫、病気、植物生理、鮮度、保存、無農薬、ライフスタイル、無肥料、発酵、千年続く農業、

いろんなカテゴリーの、こだわりを発信していきます。

今回もまた、「タネ」のはなし(これでは全然他のカテゴリーに続かない)。

現代の農家は、タネをまくときに「タネまき機械」を使って種をまいています。

タネというのは生命のかたまり。あんなちっさいものから、ものっすごくでかくなる。

そのようなものを、タネまき機械でまくのか、それとも手でまくのか、

味覚試験でどっちが美味しくなるのかは、たぶん、変わらないかと思います。

タネまき機械でたねをまくと、車輪の回転がベルトに伝わり、タネがぽつぽつ、一定間隔でおちていき

土を寄せてかぶせて、鎮圧してくれるので、とにかく早く作業が終わります。

けど、手でまいた方が気合・愛情が入る。

 

 

これからは畑が増えてくるので、種まき機械でないとタネをまききれませんが、

ところどころ、手で気持ちを入れながら、育てていきたいと思います。

2014-11-12 | Posted in About us, Access, FarmNo Comments » 

 

SHO FARMのこだわり①

SHO FARMは、色々こだわっています。こだわっているからこそ、お金も時間もかかっていますが、何より愛情が詰まっています。
タネ、肥料、水分、害虫、病気、植物生理、鮮度、保存、無農薬、ライフスタイル、無肥料、発酵、千年続く農薬とは、、、

今回は、タネのことについて。
タネは、今のところ、買っているのが9割です。
残りの1割は、妻shokoの祖母がタネを採り続けてきたもの(自家採種)。
今年はじめたばかりの農園なので、これから、購入2割、自家採種7割くらいにしたいと思います。
「なんだ、全部、自家採種するつもりないんだ」
と思うかもしれませんが、遺伝学上、カリフラワーなど、自家採種がとっても難しいジャンルがあり、しかもタネ採りしたものより買ったもののほうが美味しいとなると、やっぱりこれからの時代残っていられません。

タネを自家採種する理由は、タネ代金が安く済むという理由ではありません。保管にかかる手間は、想像以上の費用がかかります。
絵柄のついたタネ袋を買ったことがあるひとは知っているかと思いますが、何より、「種子消毒されていない」というメリットが、自家採種にはあるのです。

だから、SHO FARMではスプラウトも、おいしく食べれられるのです。

2014-11-09 | Posted in Access, FarmNo Comments »