2016-08

Happy harvest満員御礼 

ブログでご案内しました英語×畑企画 happy harvestですが、定員の30組が早速うまってしまいました。

満員御礼 ありがとうございました。

取り急ぎご報告まで。

2016-08-17 | Posted in EnglishNo Comments » 

 

apeにいきました

SHOFarmの野菜を使っていただいているレストラン、Apeに食事にいってきました。

もともと西麻布にciao bellaとしてあったオーガニックレストランが移動して、Apeとして東大駒場キャンパス内に8月にオープン。

我々の結婚式もおこなった思い出深いレストランです。

本当に美味しくて、感動したので、お料理を紹介。


自然栽培野菜のメリメロ。オーガニック白ワインビネガーをやさしくまとっています。

驚愕なのがこのモッツァレラチーズ。

これまでモッツァレラといえは淡白なばかりで味わいがないなと思っていました。

世間知らずでした。すみませんでした。

このオーガニックモッツァレララブッファラは外は形があるが、なかはトロトロ。

こんなにうまいチーズが世の中にあるのか!!しかもこんなにたくさんの量。

イタリア有機農業の父、ジロロモーニのパスタを使った夏野菜、バジル、バリーアニオリーブオイルのスパゲティ

メインは天然真鯛のポワレ、サフランとフェンネルのソース

真鯛ももちろん美味しいのですが、この野菜の大きさ、火の通し加減!

全粒粉の野菜の窯焼きピザ。

 

中標津ワイルドミルクのパンナコッタと有機フランボワーズのジェラート

かの有名な極限状態で牛をそだてたワイルドミルク、デザートに加工されてもなおとっても濃厚でした。

2つともとても甘さ控えめ。ぷるんぷるんのパンナコッタは食べた後にレモングラスの香りが残ります。

 

野菜を生産して最高の鮮度で日々食べているものとしては、レストランでの食事は技術はすごいけど、こんなに手を加えなくてもおいしいのになと思うことがあります。

しかし今日、野菜をおいしく調理するとはどういうことがどういうことなのか、本当によくわかりました。

野菜自体をたのしめる野菜の大きさ、生ではないけど火を通しすぎてもいない火の使い方、野菜の味を引き立たせるための最低限の調味料。

本当に料理の上手な人は、良い素材と良いオリーブオイルと、良い塩があれば、それだけで最高の料理になる、とそろって言いますが、本当にその通りだと実感しました。

余計なものが多すぎて大切なものが見えなくなってきている時代、物だけではなく調味料も断舎利しなくては。

本当に素晴らしいお店です。食材にお金をかけてかつ、コスパも素晴らしいこと。本当にいいの?というお値段でオーガニックフルコースがいただけます。

大学構内の自然豊かで静かな環境も素敵です。まさに東大もと暗し。

 

 

その後、渋谷ヒカリエで行われているd47museumでの野菜の展示にいきました。

 

 

​このアグリカルチャー物産展にSHO Farmも実は出店しています。



​在来種の赤ソラマメで出しています。

煮豆や、ご飯に炊きこんでどうぞ。

ヒカリエにきたら企画展のぞいてみてください。11月までやっています。

マルシェや物販では有機、自然栽培のものがずらり。

オーガニックがかなり市民権を得てきたなと渋谷の真ん中で思いました。

2016-08-15 | Posted in EnglishNo Comments » 

 

都内の野菜レストラン

新たにSHO Farmのお野菜を使ってくださっているレストランを紹介します。

○With Green (神楽坂)
Farm to bowlをコンセプトにした、アメリカで流行するサラダボウル専門店
http://withgreen.club/content/report/374
○ape  cucina naturale  アーペ クッチーナ ナチュラーレ Bio café ape ビオ カフェ アーペ(目黒)
http://www.ciaobella.jp/ape/
東大駒場キャンパス内にある、オーガニックレストラン。28年7月まで西麻布にあったお店が移転しました。数年前挙げた家族だけの結婚式は、島田シェフによる料理が振る舞われまして、とても美味しかったです。

image

(これは畑の横に植えられた在来種のどでかいひまわりの写真)

2016-08-01 | Posted in EnglishNo Comments »