Farm

The First WWOOFer

初めてのウーファーが来ました。
アメリカ人のクリスさんです。
アメリカ人とはいえ本業が通訳のクリスさんは日本語が、とっても堪能でした。

image

畑にて土壌のプレゼンテーションの模様
畑作業をしながらアメリカの農業の話を聞かせてもらいました。
特に興味深かったのはCSAの話。
CSA(community supported agriculture)は消費者が野菜代を年間契約し、農家に野菜を作ってもらうシステム。不作でも豊作でも料金は変わりません。農家のリスクを消費者も分け合います。
今回はCSAの最前線を聞かせてもらうことができました。例えば年間700ドルで食べきれないほどの野菜が配給されること、収穫した野菜はコンテナに山積みされ消費者が各自量って持ってゆくこと、消費者生産者だけでなく消費者同士が繋がり、配達も行うこと、契約料の他に消費者は草取りに義務として参加することなどなど、とにかく農家の負担を減らし、地域で農業を支え合う先進的なことばかりでした。むしろ農業を中心にコミュニティが生まれているようです。いつかshofarmもCSAの形をとりたいとおもっています。徐々に移行していくつもりです。

image

素敵なお土産ももらいました。ボストンの自宅で作っている生ハチミツとオーガニックのドライピーチ。
NOFA(northeast organic farming association)への参加も勧誘いただきました。いつか日本の農業についてプレゼンする日が来るかもしれません。
クリスさん、ありがとうございました。
異文化交流はやはり楽しいですね!

2015-09-14 | Posted in FarmNo Comments » 
Comment

コメントを書くにはログインが必要です