About us

1415165051921

SHO farmは神奈川県横須賀市にある無農薬・無化学肥料の農園です。

都心より1時間のアクセスにありながら、自然豊かな環境で、約100種類の野菜と果物を生産しています。

SHO farmでは農業の永続性を考え、「千年続く農業」を哲学にこだわりの野菜作りをしています。

1.有機質肥料

緑肥と地元の有機質資源(落ち葉、剪定くず、米ぬか、おから等)を使い、可能な限り少量の施肥を行います。

化学肥料は使用しません。

肥料の力でなく、植物自身が持つ力によって健康な野菜を作ります。

2.無農薬

化学合成農薬は使用しません。

3.自家採種

土地にあった品種を未来世代に残すため、可能な限り在来種、固定種を使い、種を取り続けます。

4.鮮度

野菜のおいしさは鮮度が8割。

販売するその日、または前日に収穫し、スーパーよりも早くお届けします。

5.作り手

仲野晶子(しょうこ)と翔(しょう)で2014年に立ち上げた農園です。

2人の想いに共感するスタッフがそれぞれの長所を生かして、自発的に農園を管理しています。

農園の人間関係はフェミニズムを芯とし、多様なバックグラウンドを持つ人が個人として尊重されるよう、日々心掛けています。

 

  • 代表 仲野 晶子(なかの しょうこ)

1986年生まれ、埼玉県出身、筑波大学生物資源学類卒業、同大学院生命環境科学研究科農学修士(土壌化学)、中学理科教員として三年間の勤務後、2014年よりSHO Farm開園、ジェンダー平等を目指し、2022年より代表となる

  • 仲野 翔(なかの しょう)

1987年生まれ、横須賀市浦賀出身、神奈川県立横須賀高校卒業、筑波大学生物資源学類(農業経済学)卒業、日本政策金融公庫にて三年間勤務、農業経営アドバイザー取得、ながしま農園にて農業研修後、2014年よりSHO Farm開園

  • 社員3名

独立希望の20代の若者を正社員として雇用しています。2年間の研修兼勤務後、新規就農できるよう、サポートしています。

  • 研修生

独立希望の方が農業を学べるように、研修制度を用意しています。

20代の方が対象です。

  • 出荷パートスタッフ
  • 作業の一部を福祉団体(パーソルサンクス)に委託し、農福連携を行っています。

【求人情報】 求人は不定期での募集となります。詳細はRecruitのページからご確認ください。

6.ゼロ ウェイスト

生産時にビニールマルチ等プラスチック資材は原則不使用、マーケットでは量り売りを基本とし、ゴミのでない野菜生産を目指します。

野菜ボックス定期便では、お客様から寄付されたリターナブルバックに、無包装または新聞紙包装でお届けします。

7.不耕起草生栽培

耕起を抑えることで炭素を土壌に貯留し、菌と根のネットワークをはぐぐむことで、少施肥を可能にします。資源の節約と土壌肥沃度の向上に寄与します。

農園の最新の情報はSNSで発信しています

instagram sho__farm

facebook 

SHO Farm is a farm in Yokosuka City, Kanagawa Prefecture. We grow safe and delicious vegetables without any chemical to build sustainable agriculture in our family farm. We work positively to provide the relevant activities such as our enjoyable events and different type of business collaboration projects.

The Philosophy of SHO Farm

  1. ORGANIC

We use local organic resources for compost and green manure to enrich soil

The vegetables are healthy and rich in blessings of nature.

  1. NON CHEMICAL

We do not use any agrochemical including pesticide, herbicide and chemical fertilizer.

  1. NATIVE SEEDS

In order to keep varieties of vegetable to the future generations, we use the native seeds as much as possible.

  1. FRESHNESS

Fresh vegetables are the most delicious. Harvested and delivered within the same day or the day before the delivery.

  1. FARMER

Shoko Nakano: Soil scientist, Feminist 

Sho nakano: Farm worker

  1. ZERO WASTE

We are always trying to reduce plastic. Our crops are produced without plastic materials and we sell our vegetables in bulk at or markets.

    7. No till

We try to reduce tillage as less as possible. No till faming contributes to  dynamic storage of carbon in soil

 

1415165056949